レグ中毒が語る重さの仕組みについて

攻略

はいさーい、ミレルザです♪

今回は知っているようで知らない方も多いであろう

重さの仕組みについて 話していきたいと思います!

 

その前にタイトルのレグ中毒とは・・・?(Aさん)

 

よくぞ聞いてくれた!

もはや愛称で気に入っておるのじゃが、これは昔からのフレンドである

ヒサギ君が命名してくれたのじゃ!

レグナードが初めて実装された当時、私ミレアは狂ったようにフレや野良を誘っては

レグナードとしのぎを削ったものよ!

フレがINしてない時は、サポや2アカでもレグナードへ行き、

レグナード、レグナード、レグナード、きええええええええええええええ!

お分かり頂けただろうか・・・

あ・・はい・・・。(Aさん)

 

うむ、では本題へ入ろう

まずはこちらを見てくれ!

これはレベル110の時に私が作った資料じゃ!

レベルが解放されて112まで上がるようになっているが、

パラをレベル112まで上げても職業の重さは123と変化なしである(種込み)

しかし、ヴァルハラの次に出た105装備のネヴァンシリーズは

重さ上昇率が結構良いんですよ、ぐふふ

鉄壁・シュバリエ、ヴァルハラのセット効果の重さ数値は+19

ネヴァンシリーズは+20となっており+1しか増えてませんが、

重さの基盤となるのはヘヴィーチャージが適用される部分です

上記画像のようにヘヴィーチャージ(2.5倍)が適用されるのは、

職業の重さや装備(アクセ含む)にデフォルトで付与されている数値のみです

なので錬金効果や合成効果も重要ではありますが、ベースをまずは固めましょう!

前置きが長くなりましたが、こちらがヴァルハラとの比較です

頭+1、からだ上+2、からだ下+2、腕+1、足+1=合計+7上昇

たかが+7だけ?と思うでしょう

ではヘヴィーチャージを付与すると、

7×2.5倍=+17.5

セット効果が+1増えているので、18.5もヴァルハラと差が出ています!

シュヴァリエからヴァルハラにした場合は、

セット効果は同じで全身で+5のみの上昇だった為、12.5の上昇率でした

それを踏まえると、今回の重さの上昇率は良いと考えられるのです

重さが足りない時、まずはベース部分の装備に着目してみましょう!

※ハンマーやアクセの数値は上記画像を参考にして下さいな♪

次に常闇Ⅴの重さを見てみよう

レグナードⅤの拮抗ラインは、重さが1104必要です

拮抗じたいは1104で良いのですが、壁際まで押す事で優位に戦える敵ですので、

魔法戦士の重さと合わせて、完封ラインである1534以上を目指しましょう!

ここの部分に関しては、双方で話し合って上手く調節すると良いかもです

ちなみにダークキングⅤの拮抗ラインは、重さが1200必要です!

重さを上げるというのはなかなか大変ではございますが、

パラディンをされている方・今から始めてみようかなと思っている方は、

参考にしながら頑張ってみて下さいな!

最後までご閲覧頂きありがとうございました♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました